睡眠 健康

睡眠の質を高める入浴のタイミングとは

睡眠の時間を確保することは、健康や高い生産性を保つ上でとても重要なのですが、睡眠の質も高めなければなりません。

睡眠時間×睡眠の質=良質な睡眠てなわけです。

では、どのように質を高めれば良いのでしょう。

今回は様々な方法の中から、体温に焦点を当てていきます。

目次

  1. 深部体温を下げる
  2. 就寝90分前入浴
  3. おわりに

深部体温を下げる

人の体温は、皮膚体温と深部体温に分かれます。

覚醒時(起きて活動しているとき)は、深部体温の方が皮膚体温よりも約2℃ほど高くなっていますが、睡眠時はその差が約0.3℃まで縮まります。

要は、深部体温を下げて、皮膚体温に近づける必要があるんです。

難しく聞こえますが、

入浴時間を上手く利用することで、簡単に操作できるんです!

就寝90分前入浴

深部体温を下げるためには、体温スイッチをオンにする必要があります。

体温スイッチをオンにすることで、深部体温は下がり始めます。

では、どのようにすれば体温スイッチをオンに出来るのでしょうか。

簡単です!

深部体温を上げればいいんです

そこで登場するのが入浴です。入浴をして深部体温を上げることで体温スイッチがオンになります。

そして深部体温は90分かけて適切な値まで下がります

だから、就寝90分前入浴がベストなんです。

これを実行すれば格段に睡眠の質が上がります。

「そこまで時間を確保できない!」

こういった方々は入浴後すぐに眠りにつかなければならないので、簡単にシャワーなどで済ませて深部体温を上げすぎない方が好ましいです。

がっつり入浴するのもいいですが、体温の変動が睡眠とマッチしなくなってしまいます。

おわりに

90分時間を確保できる方は、就寝90分前入浴を試してみてください。

僕自身これを始めてから、格段に睡眠の質が上がりました。

ちなみに僕は、Sleep Meisterというアプリで睡眠の質を計測してます。

[参考文献]