睡眠 健康

あなたの睡眠負債度を計測するチェックリスト。睡眠負債の危険性とは。

睡眠負債が溜まっている人は、そうでない人に比べ「6年後の死亡率が1.3倍高い」というのが、最新の研究で明らかになっていることです。

また以前、睡眠が担っている役割について紹介しましたが、それらが正常に機能しなくなることになります。睡眠負債は確実に健康の敵であり、確実に体を蝕んでいきます

そして、睡眠負債の1番危険とも言えることは、「自覚」が難しいことなんです。

睡眠負債によって、どんなに体が蝕まれていようと自覚を持っていない人はとても多いんです。

では、どうすればよいのでしょう。

目次

  1. 専門家の計測法
  2. ①脳のSOSを見抜く
  3. ②午前中の睡魔
  4. ③予定がない日の睡眠時間
  5. おわりに

専門家の計測法

専門家は患者の睡眠の状態を計測するとき、「睡眠ポリグラフ」と呼ばれる装置を用いて、脳波、筋電図、眼球運動、心電図などを同時に記録し、それらのデータをもとに30秒毎に細かい分析を行うんだそうです。

そしてこれが一番正確な計測法なわけなんですが、費用はもちろん、膨大な時間や労力がかかってしまうため、非現実的です。

要するに何が言いたいかというと、睡眠負債は「自覚症状」という一番精度の高い検査方法を用いるしかないってことです。

ですが、先程も言った通り睡眠負債は自覚が極めて難しい、、、

そこで、今回は簡単に睡眠負債度を判断できる3つのチェックリストを紹介します。

①脳のSOSを見抜く

「あー、週末に寝だめしたい!」

平日このようなことを考える事がある人は、睡眠負債が溜まっている可能性大です。

というのも、寝だめしたくなるのは脳が必死に「寝てくれ!寝なきゃまずいぞ!」とSOSを出した結果なんです。

自分では毎日元気で過ごしているつもりの人でも、寝だめ欲があるなら睡眠が足りていないってことです。

脳が必死に発したSOSを受け取ってあげてください。

ちなみに、寝だめでは睡眠負債は返済できません!

②午前中の睡魔

午前中に睡魔に襲われる人も睡眠負債の可能性大です。

なぜかというと、本来の人間の生活では起きてすぐ眠くなるなんてことはありえないからです。

狩猟採集民だった頃の人類を想像するとわかりやすいです。

日中で生死と直結する食料を調達しなければならないのに、眠るなんてことは絶対にないです。眠ったら餓死します。

要するに、本来の人間の構造上、午前中眠くなることは確実にないため、仮に眠くなるのであれば睡眠が足りておらず、睡眠負債が溜まっているということです。

ちなみに、現存する狩猟採集民の言語には、「寝不足」を意味するものが存在しないそうです。

③予定がない日の睡眠時間

①、②が当てはまらなかった人でも、睡眠負債が溜まっている可能性は十分にあります。

予定がなにもない日の睡眠時間を思い出してみてください。

予定がある日よりも長い時間寝ていませんか?

仮に長い時間寝ているのであれば、睡眠負債の可能性大です。

体が無意識に睡眠負債を返済しようとしており、普段は無理に起きているに過ぎないということです。

おわりに

3つの中から何個当てはまりましたか?

少なくとも①か②が当てはまっていれば、睡眠負債が溜まっているとみて間違いないかと思います。

睡眠負債は、お金と違い一気には返済できません。

睡眠「借金」ではなく睡眠「負債」と呼ぶ所以は、そこにあると思います。

睡眠負債が溜まってしまっている方は、
睡眠時間×睡眠の質ということを念頭において、コツコツ返済していきましょう。

きっといい未来が待っています。

[参考文献]