睡眠

睡眠負債によって引き起こされる危険すぎる現象。「マイクロスリープ」とは

睡眠負債が溜まっていると、不健康になるのはもちろんのこと、認知症のリスク増加、鬱になる危険性増加、など多くの危険性があります。そして、睡眠負債にはほとんど自覚症状がないというのがまた曲者なところです。

睡眠負債度をチェックしたい方はこちら。

睡眠負債の危険性は長期的なものと思われがちで、「まあなんとかなるっしょ!」という方も多いと思います。ですが、睡眠負債が貯まることで一瞬で死につながる超危険な現象が発生します。

今回は、その危険すぎる現象について紹介します。

マイクロスリープ

マイクロスリープとは、瞬間的睡眠のことです。

これについてはアメリカで実験が行われ、学会誌「Sleep」で結果が発表されました。

その内容は、

内科などの夜勤がある科と、放射線科や内分泌科などの夜勤がない科の医師20名を対象に、翌日の覚醒状態(どれだけ脳が活発に働くか)を比較した。
比較は、タブレットの画面に丸い図形が約90回ランダムに出現する画像を5分間見て、図形が出るたびにボタンを押す、という作業で行う。

というもの。

この実験の結果は驚くべきもので、

いつもどおりに睡眠をとっている、放射線科や内分泌科の医師は、正確に図形に反応したんですが、

夜勤明けの内科医は、図形が約90回出現するうち、3、4回も数秒間図形に反応しなかったそうです。

それも勤務時間中に。

夜勤明けの医師たちが陥ったこの状態こそが、マイクロスリープ(瞬間的睡眠)という現象で、1秒から10秒程度の脳の眠りを意味します。

つまり、マイクロスリープが発生すると、目を開けた状態で脳が寝てしまっている状態で、周りはもちろん本人ですら気づきません。

ものすごく危険です。

運転中マイクロスリープが起きたら、、、

一人で海釣りをしているときマイクロスリープが起きたら、、、

大事な会議でマイクロスリープが起きたら、、、

睡眠負債が溜まっている人は、常にこれらの危険性と隣合わせということです。

「たかが数秒でしょ?」

いいえ、十分すぎるほど危険です。

仮に時速60キロで運転しているとすると、3秒意識が飛ぶと約50メートル、5秒意識が飛ぶと80メートルも運転手不在の車が暴走することになります。

よくニュースで居眠り運転による事故の報道がされていますが、あれは必ずしも目を閉じて居眠りしているとは限りません。本人は「記憶がない」としか言っていませんから、マイクロスリープの可能性も高いです。

飲酒運転はもちろんのこと睡眠負債運転も禁止すべきです。

おわりに

睡眠負債の危険性は必ずしも長期的なものだけではないということを紹介しました。

睡眠時間が確保できない人は、体温スイッチをオンにしたり脳の覚醒を抑えたりして、睡眠の質を上げることを考えてみてください。

「今更変えたところで意味ないでしょ」と思う方もいるかも知れませんが、十分意味はあります。遅くないです。

そもそも人は、どうにでもなれ効果といって、自分がすでに悪い行いをした場合に「もういいや」「今更遅い」と考えてしまう習性があります。

つまり、何が言いたいかというと

今、変えることが大切ということです!

[参考文献]