スキル

ポーカーチャンピオンに学ぶ、人生における「選択」の方法

元ポーカーチャンピオンLiv Boereeさんの、TEDが面白かったのでメモしておきます。

ポーカーの勝ち負けは「選択」で決まるので、ポーカーのプロは「選択」のプロとも言えます。

その「選択」のプロが話す人生における「選択」の教訓はとても興味深いですよね。

目次

  1. 数値化
  2. 直感
  3. おわりに

人生において忘れてはならないことは運の存在だそうで、

Livさんいわく、

人生は、自分の行動ですべてが決まるわけではない。
例えば、健康に気を使っている人でもがんになってしまう可能性があるし、
反対に毎日20本タバコを吸っている人でも長生きする可能性はある。つまり結果には、運の要素がついて回る

とのこと。

ここでのポイントは、成功したり、物事がうまく運んでいるときにでも運が働いている可能性があるということ。

自分の能力を過信せず、成功しているときほど自分の力を再評価することが重要になってくるそうです。

実際に、Livさんは自分の力を過信してしまったため、トーナメントで優勝してから収入が下がり続けてしまったそうです。

数値化

物事を深く考えることが重要なんだそうです。

「いつもしっかり考えてから行動してるけど!」

本当にそうですか?

Livさんいわく、

人々は深く考えずに選択をしまっている。「多分」や「おそらく」という言葉を頻繁に使うことがその証拠。実際に「多分」という言葉が何%を意味するのかアンケートを取ったところ、とても幅広い分布になった。そのため、必要になるのは数値化することだ。

とのこと。

「多分」や「なんとなく」で選択するのではなく、

「60%でこっちのほうが良さそう!」といった感じに選択することが重要だそうです。

要するに、長い時間をかけ緻密に分析した人が成功するというわけです。

直観

直観を大事にしている方は多いと思います。

確かに直観はいいものなのですが、

直観とは、大量に蓄積されたデータを使い瞬時に判断するもので、自分の詳しい分野や多くの経験をした分野にしか働きません

つまり、自分の詳しくない分野に対する瞬時の判断は「直観」ではなく、単なる「山勘」ということになります。

山勘になってしまうのはもちろん危険なのですが、Livさんは直観の不確実性も危惧していました。

実際に、ポーカーの大会に優勝する人ほど直観を疑い、様々な面から分析をしているそうです。

おわりに

この教訓を学ぶと、遥かに僕らのほうがギャンブラーだったということに気付かされます。

今日からでも運や直観、不確実なものに身を委ねずに、時間をかけて分析し決断を下すようにしましょう!