スキル 健康

目的別「昼寝法」のススメ。1日を効率的に過ごすには昼寝は不可欠!

午後になると急激に疲れに襲われる人や、集中力や生産性を1日中保つ続けたい人、健康的でありたい人、睡眠負債が溜まってしまっている人、つまり全ての人に超有効な回復方法を紹介します。

その方法はズバリ、「昼寝」です。

目次

  1. 40分の昼寝で完全回復
  2. 15~20分のパワーナップ
  3. コーヒーナップ
  4. たった5分でも効果あり
  5. おわりに

40分の昼寝で完全回復

昼寝の研究は1990年代から行われているそうで、多くの実験でその効果が実証済みです。

空軍パイロットを対象にしたNASAの研究では、1回40分の昼寝をするだけで

・パフォーマンスが34%改善!

・注意力が100%改善!

といった絶大な効果があることが明らかになっています。

また、睡眠負債のダメージ解消にも効果的で、健康な男女104人を強制的に睡眠不足にした実験では、数分~数時間の昼寝によって、注意力や論理的思考などの大幅な改善が見られたそうです。

まあ要するに、40分の昼寝で午前中で疲弊した脳と体を回復し、睡眠負債のダメージも軽減できるわけです。

「40分も確保できない! 非現実的過ぎる!」

と思った方は多いと思います。ですので、より短い時間で行うことが可能なパワーナップについて紹介します。

15~20分のパワーナップ

パワーナップとは、昼寝と違い、ただ目を閉じて休息することで、脳の眠気と疲れを取り去る回復法のことです。

「眠らないのに効果あるの?」

あるんです。15分~20分のパワーナップは数時間の睡眠に匹敵するとも言われています。もちろん眠るに越したことはないんですが。

なぜ、3時間の睡眠に匹敵するのかと言えば、僕たちの睡眠の性質に関係があります。人間の睡眠は、90分の深い眠りと20分の浅い眠りを繰り返すリズムで成り立っています。そのため、20分のパワーナップを取るだけで、脳は浅い睡眠をとったと錯覚し、結果として数時間の睡眠と同じ効果が得られるんです。

パワーナップは、横にならずに椅子に座った状態で腕を枕に突っ伏して寝る(目を閉じる)だけでも効果があります。どなたでも実行できるのではないでしょうか。

コーヒーナップ

15分~20分の昼寝の後、ボーッとしてしまったり、眠り足りない感覚に陥ってしまう方も多いと思います。そこで、有効的なのが「コーヒーナップ」です。

「コーヒーナップ」はパワーナップに入る直前に一杯のコーヒーを飲むというものです。

カフェインの効果が現れるのには20分程かかるので、目覚めと同時にカフェインの効果が現れ、スッキリ目覚められるというわけです。

パワーナップの回復効果とカフェインの相乗効果が得られるので、普通の昼寝よりも効果があるといった研究も存在します。ですので、昼寝を始めようと決心した方は、コーヒーナップから試してみた方が効果的かも。

たった5分でも効果あり

「15分も確保できない!」といった方もいると思います。

このような方は、5分だけでも目を閉じてみて下さい。たったそれだけでも脳が休まります。

脳は、ボーッとしたり、何も考えない時に情報の整理をします。それにより脳の疲労感は劇的に減少します。

基本的に体の疲れは、脳の疲れによる錯覚から発生している場合が多いです。だからこそ、脳を休めることは重要であって、5分目を閉じるだけでも十分効果があるんです。

まあ5分確保することができるなら、正直瞑想をした方がいいと思います。

おわりに

昼休みの過ごし方で、疲れの度合いや、集中力、体の健康度合い、睡眠負債のダメージなどが大幅に変わります。
少しでもいいので、昼寝の時間を作りましょう!

[参考文献1]

[参考文献2]