スキル ストレス 健康

運動の健康効果は絶大。もはや運動をしなければ健康的にはなれない!

「運動は健康に良い!」ということは常識になりつつありますが、具体的にどのようなメリットが有るのか知らない人が多いのではないかと思います。

そこで、運動の代表的な5つのメリットを紹介します。

目次

  1. 延命・若返り効果
  2. メンタルの改善
  3. 頭を良くする
  4. ストレス解消効果
  5. 睡眠の質改善
  6. おわりに

延命・若返り効果

適度な運動は早期死亡率を下げ、見た目を若返らせてくれます!

これについては、2011年に台湾で大規模な調査が行われています。内容は、

1996~2008年の間に集計された41万人の健康データを統計処理する

というもの。その結果、1日に15分のウォーキングで

・心疾患や糖尿病のリスクが大幅に低下!

ってデータが得られたそうです。

つまり、たった15分でも、健康やアンチエイジングには際立った効果があるわけです。運動しないのは実にもったいない!

メンタルの改善

運動は、うつや不安にも大きな効果をもたらします!

これについては、1991年にイリノイ大学がメタ分析(※)を行っています内容は、

100以上の実験データを分析する

というもの。分析の結果、

・1日20分の早歩きで、うつと不安が大きく改善!

ということが明らかになったそう。さらに、同大学が2006年に行ったメタ分析では、運動は不安を減らすだけでなく、

・活力や幸福感を高める!

ということが判明しています。具体的には、30分の早歩きでも十分に効果があり、ポジティブな気分が大幅に高まみたいです。

ざっくりまとめると、「メンタル改善の1番の近道は運動!ということになりますね。

考えすぎたり、1つのことに悩みすぎてしまったり、うつになりがちな人は、外に出てウォーキングだけでも行ってみるのが吉です。

頭を良くする

運動で頭も良くなります!これについては、既に当ブログで紹介していますね。

ざっくりおさらいすると、

・1日30分の有酸素運動を6ヶ月間続けると、脳の海馬の体積が増加する!
・逆に運動しないと、海馬の体積は減少する!

ってな感じです。

「海馬って??」

海馬は記憶を司っている部位でして、「脳の司令塔」とも呼ばれています。つまり、海馬の大きさ=頭の良さといっても過言ではないわけです。

まあ運動と有酸素運動の関係について詳しく知りたい方はこちらをどうぞー。

ストレス解消効果

運動にはストレス解消効果もあります!

これについては、カールス工科大学が実験を行っています。

内容は、

被験者の学生たちを、1回30~60分の軽いウォーキングを週二回だけ行うグループと、なんの運動もしないグループに分ける。その後、体内のストレスレベルと期末テストの点数と健康状態を計測する

というもの。その結果、週二回ウォーキングを行った学生グループは、

・ストレスが低下し、期末テストの成績が優位に向上!

したそうで、かなり明確にウォーキングのストレス解消効果が証明されてます。そしてさらに、同研究チームによると、

・ウォーキングで、コレステロールや血圧が下がる!

とのこと。研究チームいわく、この現象は単純に運動がもたらす身体への好影響だけでは59%しか説明できず、残りの41%は運動がストレスを解消してくれることで説明できるんだそうです。

つまるところ、慢性的なストレスはウォーキングを習慣化すれば、ほとんど解消できるんです!

睡眠の質向上

良質な睡眠が、健康や幸福度に深く関わることは皆さんご存知のことと思います。実はその超重要な睡眠とエクササイズは密接に関わっており、

運動を行うことで睡眠の質はグンと向上する!

ということが明らかになっています。体を酷使した日に帰宅した直後、バタンキューと死ぬように眠りについた経験は誰しもあるかと思います。そういう日って超気持ちよく目覚められませんか?あれの現象をエクササイズで意図的に起こすことができるんです!

と、ここで「最低限運動はしたくない!」という人がいるかと思います(笑) ですので、科学的に証明された「睡眠の質を高める上での運動量最低ライン」について、

「睡眠の質を向上させるには、どの程度の運動をすれば良いのか問題」に答えが出てた件

こちらにガッツリ書いたので、よかったら参考にしてみて下さい。

おわりに

運動の凄まじい健康効果を理解していただけたでしょうか。

お気づきの人もいるかと思いますが、「運動」とは言っても、早歩き程度のウォーキングでも十分なんです。

「運動はちょっとめんどいなあ~」ってな感じに思っていた人も、少しやる気になったのではないでしょうか。でしたら幸いです。

健康的な生活、はたまた幸福度にまで繋がる「運動」、是非取り入れてみて下さい!

3日坊主になりがちな人は、習慣化のテクニックを使ってみるといいかも。

(※)メタ分析とは、大量の実験データを集め、更に分析するというものです。「極めて信頼度の高い分析」ってな解釈でOKです。