食事 健康

便秘に効く食材。そもそも便秘の健康被害とは

便秘は、かなり健康に悪影響を及ぼします。健康的に長生きするため、自分のパフォーマンスを最適化するためには、便秘は即座に改善しなければならないわけです。

そこで、「便秘に効く」食材、サプリメント選びから、予防法まで紹介します。

まずは、便秘が及ぼす悪影響について。

目次

  1. 便秘の健康被害
  2. 便秘に効く食材選び
    1. 水溶性食物繊維
    2. フコダイン
  3. サプリで便秘解消
  4. 便秘予防習慣を身に着けよう
  5. おわりに

便秘の健康被害

僕たち人間の体は生命活動を営む過程で、外部から必要なものを取り込むのと同時に、体内では様々な代謝産物や有害物質が生じます。

そこで、人間が健康的に生きていくためには、「キュレーション」をスムーズに促す必要があります。

キュレーションとは、

体の中の老廃物や有害物質など、不要なものを体外に排出する概念

の、ことを言います。つまり、

・キュレーションをスムーズにしなければ、不健康になる!

というわけです。

この点便秘は最悪でして、便秘になると本来排泄すべき有害物質を含むガスが体内にたまり、最終的には血液に取り込まれてしまいます。つまり、キュレーションの真逆の状態になになります。その結果、

・有害物質が逆流する!

という最悪の状況が起こってしまうわけです。便秘は決して軽視していい問題ではありません。では、どのように解消すればよいのでしょうか。

便秘に効く食材選び

ズバリ、便秘解消に効果的なのは「水溶性食物繊維」と「フコダイン」です。具体的な食材を紹介します。

水溶性食物繊維

水溶性食物繊維には、以下の効果があります。

・便秘解消!
・糖尿病予防!
・動脈硬化!
・コレステロール吸収を抑制!
・食後の急な血糖値上昇を防止!
・有害物質を吸着して体外へ!

つまり、水溶性食物繊維は便秘解消にあしからず、かなり健康にいいものなんです。具体的に水溶性食物繊維を含む食材はこちら。

・りんご
・みかん
・キャベツ
・大根
・バナナ
・昆布
・わかめ
・もずく
・こんにゃく
・しいたけ
・えのき

便秘の人はガツガツ摂取しましょう。

フコダイン

フコダインは、もずくなどの褐藻類に多く含まれる「ネバネバ成分」で、水溶性食物繊維の一種です。少し違った効果があるのであえて別々にしてみました。

そんな「ネバネバ成分」のフコダインには

・便秘解消!
・免疫力強化!
・がん細胞へのアポトーシス機能!(※)

(※)アポトーシス機能とは、細胞が自滅する機能のことです。

などの効果があります。これまた便秘解消のみならず、健康にもいいんですねー。具体的な食材はこちら。

・もずく
・わかめ
・昆布

まあざっくりいうと、食材選びに関しては

・海藻類が最強!特にもずく!

てな感じになります。便秘の人はとりあえず摂取量を増やしてみるのが吉です。

サプリで便秘解消

便秘には、「水溶性食物繊維」や「フコダイン」だけでなく、

・難消化性デキストリン
・イヌリン

も、効果的です。

難消化性デキストリンは、トクホ飲料に含まれている食物繊維の代表格ですので、「トクホ飲料を飲めばいいだな!」と思うかもしれませんが、

トクホ飲料は、あながち健康的とは言えない!

かもなので、トクホ飲料からの摂取は避けてサプリで摂取しましょう。

また、イヌリンには

・食欲抑制!
・糖尿病を緩和!
・コレステロールを改善!

などの効果もあるので、サプリで摂取を試みるなら、イヌリンから試してみるのが吉かもしれません。

便秘予防習慣を身に着けよう

上記の食材やサプリを摂取して便秘が改善しても、再び便秘になってしまっては努力が水の泡です。そこで、便秘を予防する習慣を身に着けることをオススメします。

その習慣とは、

・適切な回数の水分補給をする!

です。「これだけ?」と思うかもしれませんが、これだけでかなり予防できます。というのも、脱水は便秘のもとだからです。

ちなみに、「脱水」はのどが渇いた状態が続くことを言います。ですので、「適切な回数」は

・ノドが乾いたら毎回水を飲む!

を満たしていればOKとなります。「喉乾いたな~」と思ったら欠かさず水を飲んでください。

おわりに

便秘の健康被害と、解消方法について紹介しました。お気づきかもしれませんが、便秘解消を目的として食材を選ぶと、同時に健康的にもなれます。

そして、とにかく便秘は健康に悪影響なので、早く治すに越したことはありません。

皆さんの一刻も早い便秘解消を願っています!