スキル tips

高い集中力を持続するには「ポモドーロ・テクニック」だ!

tokei

人間の集中力は脆いものです。高い集中力を維持するには、それなりの対策を取り必要があります。

そこで、今回は集中力を維持するためのテクニックの1つである「ポモドーロ・テクニック」を紹介します。

ポモドーロ・テクニックとは

ポモドーロ・テクニックは、作家のフランチェスコ・シリロによって考案されたもので、「ポモドーロ」という名前は、彼が学生時代に愛用していたトマト型キッチンタイマーにちなんでつけられたそうです。

で、どんなテクニックかというと

取り組むべきタスクを短い時間単位に分割し、5分間の休憩を挟みながら処理していく

というものです。目安としては、「25分の集中と5分の休憩」くらいのバランスになります。

「時間を区切るだけじゃ効果ないでしょ!」と思うかもしれませんが、効果絶大なんですよ!

ポモドーロ・テクニックの効果

ポモドーロ・テクニックの効果が絶大な理由は、心理学で言うところの「デッドライン効果」から説明ができます。

「デッドライン効果」とは、

時間を短く区切れば区切るほど、意識することが少なくなり仕事が管理しやすくなる

というものです。言わずもがな「集中する」ということは、「1つのことに注目する」ということを意味します。集中力を持続する上では「他の事を気にしない」ということが鍵になるわけです。

そこで、無駄にも思える15~25分に一回の休憩を取ってでも「この短い時間にこれだけやればいいんだ!」と思うことで、デッドライン効果が働くため、遥かに集中力を持続することが可能になり、効率も格段に上がるんです。

ポモドーロ・テクニックを使用する際のポイント

ポモドーロ・テクニックを使用する際のポイントは

1.時間を伸ばさない

ポモドーロ・テクニックでは、「もう少しやりたかった!」と思うくらいがベストになるので、物足りないからと行って25分以上に時間を引き伸ばしては行けません。

というのも、「物足りない」からこそやる気を持続することができ、集中力のスイッチが切れなくなるからです。

2.自分の力に合わせて時間は調節する

ポモドーロ・テクニックでは、まとまった時間を区切ることがポイントになるので、「25分は長い!」と思う方は自分の力に合わせて時間を調節してOKです。

初めは15分から初めて見るのが良いかもしれません。

3.タイマーは必須

とにかく集中する上では、「気になること」を減らすことが重要です。

時計を確認するだけでも集中力は低下するので、必ずタイマーをセットしましょう。

4.休憩の前後でやることを変えない

休憩中にも、脳は無意識にさっきまでやっていた作業のことを考えています。つまり、休憩後に作業を再開したとき、よりアイデアが出やすくなったり、作業スピードが早くなります。

5.休憩中は脳が疲れることはやらない

脳がリラックスできなければ、それは休憩ではありません。

・スクワットなどで軽く体を動かす
・横になる
瞑想をする

などの脳がリラックス出来る休憩を取りましょう。「スマホをいじる」なんてのは論外ですよ!

まとめ

時間が有り余っているときほど「上の空」になってしまったり、注意がそれてしまうものです。つまり、まとまった時間が確保できているときほど時間を区切るのがベターなわけです。

是非、ポモドーロ・テクニックを試してみて下さい。