セルフコントロール 健康

肥満の人ほど『嗅覚』が弱い!という研究結果が

肥満は病気です。

2013年にアメリカ医師会(AMA)は、肥満を病気と認識するという発表をしました。それからというもの、医学界の肥満に対するアプローチは大きく変わり、「食べ過ぎを減らし、運動回数を増やそう!」というものから、「一部の人々は、自分の体重をコントロールできない!」というものになりました。つまるところ、

・多くの人が重い病気を自力で直せないのと同じで、肥満の人は、自分の行動をコントロールできない

というわけです。なぜ、肥満の人は食欲や自分の行動を抑制できないのかということですが、今現在考えられる要因は

・一種の中毒状態
・脳の食欲抑制機能がぶっ壊れている可能性
・セルフコントロール能力が極めて低い可能性
・肥満になることで、エクササイズを取り入れるのが難しくなり、エクササイズのメリットを享受できない

ざっと挙げればこんな感じになるかと思います。まあ、一種の中毒状態ってのが1番の要因かと思いますねー。本能的に、人は高カロリー高脂肪高糖質なものほど美味しく感じるものですので。

んで、ここからが本題なんですが、最近の研究で新たに「肥満」という病気の症状をブーストさせる要因が発見された記事)そうなので、ここに報告しておきます。

肥満と嗅覚の驚くべき関係

これまで肥満と嗅覚の関係は未開拓の領域でしたが、最近ニュージーランドのオタゴ大学の研究者が肥満と嗅覚の驚くべきレビューを発表しました。まず、研究内容は、

体重と嗅覚の関連性に関する科学論文と、正解規模で1500人の個人情報を収集。オタゴの食品科学、数学/統計学の研究者を加え、これらのデータを分析する

というもの。これらの分析の結果、

体重と匂いを感じる能力には強い相関性があった!
より敏感な嗅覚を持っている人ほどスリムな体型の傾向があった!

ということが明らかになったそうです。研究の主筆者であるPeng博士いわく、

体重は、私達が異なる風味を識別することに影響を与えるため、摂食行動に関しては重要な役割を果たす。

とのこと。加えて、

嗅覚が悪くなると、より不健康な食品を選択するリスクを高める可能性がある。例えば、糖分が少なく低脂肪な食品の代わりに、ベーコンやメープルシロップのような塩辛い食べ物に惹かれるといった具合だ

とのことです。つまるところ、肥満が病気である原因は、

標準体重より重く肥満に近づくほど嗅覚が失われることで、味の濃い不健康食に惹かれるようになり、悪い食事から抜け出せなくなる

というのが1つの要因になるわけです。確かに、スリムな体型で「味の濃いものが好き!」という人はあまり見かけませんよね。逆に、肥満に近い体型の人ほど「薄味は嫌いだ!味がしなきゃ美味くねえ!」と言っている印象が強いです。

「じゃあ、嗅覚が失われてしまったらどうしようもないのか!」ということですが、安心して下さい。失われた嗅覚を取り戻す方法は存在します!

肥満により失われた嗅覚を取り戻す方法

同研究では、「肥満で失われた嗅覚を取り戻すことができるのか」ということについても調べておりまして、

・「腸と脳の間のコミュニケーション回路に問題があるのではないか?

という仮説のもの興味深い実験を行いました。内容は、

腸と脳の間のコミュニケーション回路を再確立するために、胃の切除と胃のバイパス手術(胃を2つに分け、両方を繋ぐために小腸を再配置する)の2つの外科的肥満治療の効果を検討する

というもの。その結果、

胃の切除で嗅覚が改善する!

ということが明らかになったそうです。これらを踏まえPeng博士は

胃の切除で嗅覚に変化が現れた。このことから、胃を切除することで腸と脳のコミュニケーション回路がリセットされ、嗅覚に変化が現れる

と、結論づけています。要は、胃に刺激を与えることで、脳の回路を正常に戻すことができるというわけです。

まとめ

まあそうは言いつつも、手術を受けるってのは無理がある話ですよね。ですが、「肥満になる→嗅覚が衰える→不健康食でしか満足できなくなる」という無限ループの先に待っているのは取り返しのつかない事態です。

ですので、ここに外科手術以外の改善策も挙げておきます。「嗅覚が衰えてしまったなら、脳の食欲抑制機能を正常に戻すところから始めようぜ!」ってアプローチになります。是非参考までに。

加工食品完全カット

ファストフードスナック菓子でぶっ壊れた脳の食欲抑制の機能を元に戻すことが目的です。

十分な睡眠を確保する

⇒睡眠負債が貯まると、食欲抑制ホルモンが分泌されなくなり、代わりに食欲をブーストさせるホルモンが分泌されてしまいます。「そんなのほんのちょっとの差でしょ?」と思うかもしれませんが、睡眠負債を改善しただけで総摂取カロリーが減少したケースもあるので、結構シビアな問題なんです。

睡眠負債の怖いところは、自覚症状がないところですので、

睡眠負債を判断するためのチェックリスト。睡眠負債の危険性とは

こちらを参考に、ご自身の睡眠状況をチェックしてみてください。睡眠負債が溜まっていたら、徹底的に改善しましょう。

意志力のトレーニングを行う

⇒根本的に「欲求」や「誘惑」に打ち勝つ力を鍛えましょう。以下のエントリを参考までにどーぞ。

意志力のトレーニング方法を紹介[入門編]