食事 健康

ニンジンの健康効果は凄い!ニンジン摂取におけるメリットを紹介

carrot

「野菜を大量に摂取しよう!」ということは、常々述べております。というのも、健やかな肉体やシャープな脳を維持するため、はたまた長生きするためにも野菜摂取は必要不可欠なんですよねー。

世界中の100歳超え長寿は、毎日当たり前のように野菜を食べていますし、以前「地中海式ダイエットはメリットが凄まじいぞ!」ってことを紹介しましたが、そこでも野菜は大量に食べるわけです。

まあそんなこんなで野菜は超大事なわけなんですが、実は野菜のバリエーションも大事な要素になるんですね。ってことで今回は、積極的に摂取したい野菜の1つ「ニンジン」について紹介します!

目次

  1. ニンジンに含まれる栄養素
  2. βカロテンのメリット
  3. その他栄養素のメリット
  4. 調理したら栄養素逃げちゃう問題
  5. 最大限栄養素を逃さない為の調理法
  6. まとめ

ニンジンに含まれる栄養素

ニンジンには、

・βカロテン
・カリウム
・食物繊維

などの栄養素が豊富に含まれており、中でもβカロテンの割合が秀でています。

βカロテンの効果

βカロテンは、強力な抗酸化物質の一つ。Maria Cohautによれば、単純に細胞を若返らせるメリットは勿論のこと、いくつかの研究で

・皮膚を放射線のダメージから保護
・老化による黄斑変性症から保護
・老化による視力障害から保護

などの効果があることが明らかになっていると言います。とにかくアンチエイジングには効果ありな感じですね。

また、βカロテンは僕たちの体で「ビタミンA」に変換されます。このビタミンAの効果が中々凄くて、「国立衛生研究所」(National Institutes of Health)によれば、

・免疫機能
・視覚
・新陳代謝
・細胞間のコミュニケーション

これらに好影響をもたらすことが明らかになったそうです。どれも、いつまでも元気ハツラツとしているには不可欠な要素ですねー。ニンジンのメリットについては、ざっくり言うと

とにかく老化効きまくる!

って感じになりそうです。「老け」に悩んでらっしゃる方には、毎日食べたい野菜の1つになりましょう。

その他栄養素のメリット

カリウム

カリウムは、体内にある余分な塩分を排出する役割になっています。つまりは、カリウムが機能してくれることで、血中の塩分濃度が下がり

血液サラサラ!

になれるというわけです。

食物繊維

食物繊維は、腸の働きを活性化させたり、腸内細菌の餌になってくれたりで、とにかく

健康的な腸内環境の維持する!

って効果が得られます。まあ食物繊維に関しては、ニンジンにこだわらずとも野菜全般で豊富に含まれていますね。だからこそ野菜嫌いな人の腸内環境は、ひどい状態なわけなんですが。

加熱したら栄養逃げちゃう問題

野菜の栄養について考えた時、「加熱した場合の栄養ってどうなのよ」って疑問が出てくるかと思います。この疑問の答えとしては、結論から行くと

ニンジンは生で食べるのがベスト

になります。ていうのも、加熱すると、ビタミンは壊れるわ栄養は逃げていくわで最悪なんですよね。ニンジンの健康効果をフルで享受したいのであれば、生で食べましょう。

とは言いつつも、「いやー、流石に生は食べれたもんじゃない!」っていう人も多いかと思います。

そんな栄養と味を両取りしたがる贅沢なあなた(僕も)のために、栄養をなるだけ逃さない調理法についても紹介しておきます。生は無理だとしても、せっかく摂取するなら最大限のメリットを目指しましょう。

栄養を逃さない為には、どのように調理すべきか

イギリスのニューカッスル大学の研究者であるKirsten Brandによれば、

ニンジンの栄養を逃さず調理したいのであれば、丸ごと煮詰めるのが好ましいだろう。
ニンジンを刻むと表面積が増えるため、調理すると多くの栄養素が水中に進出してしまう。丸ごと煮詰め、調理後に刻んで食べることで、味と栄養素を維持することができる

とのことです。要は、

・高温
・調理前に刻む

これらを避けるのが吉なわけですね。

まとめ

というわけで、ニンジンのメリットとベストな調理法についてでしたー。

「美味しく食べたい」と「栄養は最大限享受したい」のジレンマが難しいところですが、紹介した料理法を参考に最大のメリットは享受していきましょう!
<参考文献>