食事 健康

[揚げ物の健康被害] 「揚げ物」の摂取で死亡率がグンと高まる!という恐ろしい研究がでてた件

relatevity between fat and death

皆さんご存知の通り、揚げ物・フライものは健康によくありません。過去多くの研究でも、頻繁な揚げ物の摂取は、

・心血管疾患での死亡リスク上昇!
・2型糖尿病のリスク上昇!

という危険性があることが明らかになっています。とにかく、健康的な生活を送りたいのであれば、揚げ物は摂取しないのが吉。

そんな中、「揚げ物」に関わる恐ろしい研究が発表されていたので紹介しておこうと思います。

揚げ物摂取と死亡リスクの関係性

アメリカのアイオワ大学が「揚げ物と死亡リスクには、相関関係があるのか?」ということをテーマに大規模な研究を行いました。内容は、

1993年から1998年の間にWHT(Woman Health Initiative)の研究に参加した、50~79歳の女性106,966人を対象。研究者は2017年2月まで情報を追跡し、食習慣と死亡リスクの相関関係を分析する。

というのも。食習慣については、WHIの研究の一環としてアンケート調査で明らかになったものを利用したそうです。

んで、この研究の結果、揚げ物の摂取は、

死亡リスクの増大と強い関係がある!
心臓関係の病気にも深い関係がある!

ということが明らかになったそうです。研究者いわく、

ライフスタイル、食事の質、所得、学歴などの要素を修正た結果、1日に少なくとも1食分の揚げ物を摂取した参加者は、そうでない参加者と比較して死亡リスクが8%高いことが分かった。

とのこと。ハイライトした部分が超大事なところで、たった1日に1食でも死亡リスクが上昇するみたいです。いやー、恐ろしい。

どの種類の揚げ物が健康被害が大きいのか

加えて研究グループは、「どのタイプの揚げ物・フライが、健康に強い影響をもたらすのか?」ということについても調査を試みました。まず、研究グループは、106,966人の食事内容から、揚げ物を

・フライドチキン
・エビフライやカキフライ
・フライドポテト、トルティーヤ、タコス

にざっくり分類しました。そして、特定の揚げ物と健康への影響を探った結果、フライドチキンと海鮮系のフライの値がずば抜けており、なんと

フライドチキン
・あらゆる要因の死亡リスクが18%上昇!
・心臓関連での死亡リスクは12%上昇!

エビフライやカキフライ
・あらゆる要因の死亡率が7%上昇!
・心臓関連での死亡リスクは13%上昇!

ってデータが得られたそうです。フライドチキンが特にヤバイ数字になっていますね。「ギャー!!」と叫んでいる方もいるのではないでしょうか(笑)

なぜ、揚げ物・フライで死亡リスクが上がるのか

と、なかなかヤバイ揚げ物なんですが、死亡リスクとの明確な因果関係は明らかになっていないそうです。

さらに、揚げ物を定期的に消費していた参加者は、

・低収入
・低学歴
・質の悪い食生活
・喫煙者

という傾向があったそうで、変数の調整が難しいそうな感じでした。しかしながら、研究者いわく、

揚げ物、特にフライドチキンや魚介類フライの消費を減らすことは、臨床学的に意味のある影響を与える可能性がある。

とのことです。

揚げ物が健康に悪いのは間違さそう

ということで、揚げ物と死亡リスクに関する研究についてでしたー。

揚げ物と死亡リスクの因果関係が明らかになっていないとしても、死亡リスクが向上しているのは事実。消費を減らすメリットは計り知れません。

揚げ物が好きで好きでたまらない方も、今回の研究で特にヤバイ結果が出た

・フライドチキン
・エビフライ
・カキフライ

などの消費を減らしていくのが吉です。

まあ、揚げ物と健康の因果関係については、「ポテトチップスの危険性」や「ファストフードの健康被害」からして、もはや理由はいらない気がしますね。。