ストレス セルフコントロール 健康

「ストレスフリーなライフスタイル」に必要なたった1つのこと。

stress free

今や社会問題とも言える「ストレス」。多くの人が悩み、苦しんでいるかと思います。そこで今回は、「ストレスフリーなライフスタイルに必要なたった1つのこと」を紹介します。

キーワードは、「コントロールアビリティ」です。

ストレスの原因

ロンドン大学ユニバーシティ・カレッジのマイケル・マーモット教授が、「仕事から受けるストレスは何が原因なのか」ということを明らかにするため、大規模な研究調査を行いました。内容は、

1967年以降、イギリスの20~64歳の公務員男性1万人事情を追跡調査する

というもの。その結果、

ストレスの度合いは、仕事量や責任の重さよりも、「コントロールアビリティ」に左右される!

ということが明らかになったそうです。「コントロールアビリティ」とは、自分をコントロールできる力のことです。簡単に言い換えるとすれば、「選択権を持っているかどうか」って感じになります。

まあ要は、仕事の内容や量に関わらず、自分の行動に選択権を持っている人ほどストレスを感じにくいというわけです。この「コントロールアビリティ」の理論から見れば、企業の幹部などプレッシャーが大きい立場の人間が、一般の従業よりもストレスを感じていない理由が明らかですよねえ。

で、さらにこの研究では、「コントロールアビリティ」はストレス以外にも関わっており、「コントロールアビリティ」が低い人ほど

・身体の不調を訴える確率が高い!
・病欠が多い!
・精神疾患率が高い!

ということも明らかになっています。要は、コントロールアビリティで人生の質が決まると言っても過言ではないわけです。

と、ここで「選択権を得られない環境にいる場合は、ストレスを避けられないのか!」と思う方もいるかと思います。ですが、安心して下さい。解決策はあります!

重要なのは「選択権がある」という認識

これについては、1976年に心理学者のエレン・ランガーとジュディス・ローディンが高齢者介護施設で行った興味深い研究があります。内容は、

65~90歳までの入居者をそれぞれ鉢植えを1つずつ与え、木曜日と金曜日に映画が見られるように設定。ただし、被験者を2つのグループに分ける。
1つグループには、「あなた達の健康や幸せは職員が責任を持って管理する」と伝え、鉢植えの世話は職員がし、映画を見る日を木曜か金曜のどちらかにするかは職員が決定して連絡するとする。
もう1つのグループには、「どんな人生にするかは、皆さん次第です」と伝え、鉢植えは自分で世話をするように指示し、木曜と金曜日の映画については、どちらでも好きな曜日に参加して良いとする。

というもの。要は、「選択権なし」と「選択権あり」の2つのパターンを意図的に作り出したわけです。

んで、この結果が凄まじいものになっていまして、なんと

・3週間後、「選択権なし」のグループでは、70%以上の被験者の健康状態が悪化!
・6ヶ月後、「選択権あり」のグループでは、90%以上の被験者の健康状態が改善!

ってデータが得られたそうです。与えられたものは同じなのにも関わらず、「選択権を持っているかどうか」という認識だけで大きな違いが生まれたわけです。つまるところ、重要なのは、自分が置かれている環境に関わらず、

「自分には選択権がある!」という認識を持つ

ということになります。認識するだけで大幅にストレスが減らせるわけです!かなり朗報ではないでしょうか。

「選択権」を取り戻す方法

ここまで、「自分には、自分の行動を選択する能力がある!」と認識することの重要性を紹介しました。

しかしながら、「認識するのも厳しい環境にいる!」という方もいるかと思います。ですので、失われたコントロールアビリティを取り戻す方法をいくつか紹介しておきます。まずは、1つ目。

○運動

まずは「運動」。なぜ、運動でコントロールアビリティを取り戻すことができるのかと言うと、

・運動は、自分で「やる!」と決心しなければできない

からです。自分で決断し運動を行うことで、あなたの脳は「選択権は自分にあるんだ!」と判断してくれます。運動の内容については、

・ウォーキング
・ランニング
・ストレッチ
・ヨガ
・筋トレ
HIIT

などなど、何でもOK。ですが、キツイ運動の方が効果があるということは、頭に入れておいてほしいところです。

○意志力のトレーニング

次は、「意志力のトレーニング」。意志力のトレーニングとは、日常のちょっとした行動を我慢したり、面倒くさいことを進んで行うことで意志力の向上を図るものです。

こちらも運動と同様、自分の雑念と戦い自ら行動を選択することが求められるので、コントロールアビリティを取り戻すことができます。意志力のトレーニングについては、

意志力は筋肉!鍛えられる!意志力のトレーニング法を紹介[入門編]

こちらにガイドラインを設けてあるので、参考までにどーぞ。

○コグニティブチェンジ

コグニティブチェンジ」は、現状を頭の中で変換するというものです。例を挙げるとすれば、

・「上司に頼まれた仕事をやる」

『上司に頼まれた仕事を「おれは」やる』

って感じになります。とにかく、やらされている状態であったとしても、脳内で自分がやっている体に変換するのがコツです。

「そんなんで効果あるの?」と思うかもしれませんが、これだけでも充分に効果があります。人間の脳は単純なんですよ。

人それぞれのパターンがあると思うので、工夫して取り入れてみて下さい。

まとめ

ということで、ストレスフリーな人生に欠かせない要素は、

・「コントロールアビリティ」
・「選択権を持つこと」

の2つだよ!という話でした。どんな環境に置かれても屈せずに、選択権を持ち続けましょう。以上。

[参考文献]