睡眠 tips 健康

96%の人が2分で眠れるようになる「米軍式入眠テクニック」が凄いぞ!

army's tips to sleep well

 

ベットに入ったら速攻で眠りにつきたい!

誰もが1度は考えたことがある願望ではないでしょうか。かくいう僕自身、睡眠至上主義で生きてますんで、効果的な入眠できる方法は常に探し求めていました。

そんな中、先日U.K.indipendentによる、米軍が採用している入眠テクニックについて紹介した「軍人が2分で眠りにつく秘訣」って記事を発見しました。

ご存知の方もいるかと思いますが、軍隊は体調管理が命なので、米軍は科学的なメソッドをジャンジャン取り入れている超先進的な組織なんですね。ですので、勿論この入眠テクニックも効果は実証済みで、米軍による調査によれば、たった6週間のトレーニングで、

96%の人が2分で眠りにつけるようになった!

ってデータが得られているそうです。この数字はエグい!

一体どのような睡眠テクニックなのでしょうか。

米軍が取り入れた入眠方法

ネタ元は「Relax and Win」という1981年に出版された本。なんでも、オンライン販売によって再び注目を浴び初めたんだと言います。では早速見ていきましょう。

米軍式快眠テクニックは4つのステップに分かれます。

○ステップ1:顔

まずは、顔の筋肉をほぐします。舌、アゴ、目の周りの筋肉など細かく筋肉をほぐしていきます。

○ステップ2:肩・腕

次に、肩の筋肉をリラックスさせ沈めていきます。肩が限界まで沈んだら、上腕下腕と続けて同じことを行います。片側ずつ行いましょう。

○ステップ3:胸・下半身

息を吐き出しながら胸の筋肉をリラックスさせます。それに続いて、太ももから足先に向かって下半身の筋肉もリラックスさせていきましょう。

○ステップ4:頭

最後に10秒だけ頭の中を空っぽにします。とはいえ、空っぽにするのは非常に難しいので、以下の3つ中から1つをイメージします。

穏やかな湖のカヌーに横たわっている
真っ暗な部屋でハンモックに横たわっている
「考えるな、考えるな、考えるな」と10秒間繰り返し言い続ける

以上が米軍式快眠テクニックの手順です。

これらの手順は6週間続けるのがマスト。6週間続ければ、96%の人が2分で眠りにつけるようになります

ちなみにですが、「頭を空っぽにする」ステップは、入眠前に瞑想を行うことで実践しやすくなるかと思います。

まとめ

ということで、米軍が採用している睡眠テクニックについてでしたー。体調管理を徹底している組織が取り入れているテクニックなので、かなり信頼してOK。

ボディスキャン瞑想」に似ているようにも見えますが、ポイントは筋肉を遅延させいくところだと思います。

ちなみに、個人的にこのテクニックを取り入れてみたところ、初日から効果絶大でした。なんと、一度もステップ4までたどり着いたことがありません(笑)

まあ、

最低ラインの運動量
・睡眠6時間前以降はカフェンに断ち
体温スイッチ
睡眠1時間前以降は、スマホシャットアウト
・コルチゾールを減少させる「呼吸法
・瞑想

これらを実践しているのが原因でもありましょうが。