tips 学習

科学的が認めた超効果的な学習法はこれだ!

短時間で成果が出る学習法って存在しないの?!

どうせ勉強するなら効率よく勉強したいですよね。効率の悪い勉強法を実践していると、せっかくの努力が水の泡、なんて事態になりかねません。

そんな中、Reseach DigestSimon Fraser大学の研究に基づいたレビューを出しておりまして、これがかなりナイスな内容だったので紹介したいと思います。

結論から行くと、超効果的な学習法は「自己説明(self-explanation)」です!

「自己説明」の効果と内容

Kiran BisraとSimon Fraser大学の彼女の研究チームがメタ分析を行いました。内容は、

過去の様々な学習法に関する64の研究(参加者は延べ6000人)を分析する

というもの。様々な学習法ってのは、主に

・自己説明
・インストラクター(教科書/教材)による説明
・要約法
・メモ取り
・問題解決
・思考を言語化

etc…

これらのものです。「自己説明」ってのは、問題の解決策を見い出すプロセスを監視するというもので、主に2つのステップに分かれます。まず1つ目のステップでは、学習前に以下の質問を自分自身に問いかけます(参考:Virtual Salt)

1.この問題を解決するためには、どのような情報を知る必要があるか?
2.必要な情報はどこにあるか?
3.既に解決されたか?既に回答できたか?
4.必要なパーツや、情報は全て揃っているか?
5.次に何をするか?
6.それは正しいか?

これらの質問を自分自身に問いかけることで、問題解決のプロセスを追跡することが可能になります。そして、2つ目のステップでは、学習中に自分の思考のプロセスを自分自身に伝えます。まあ、実況みたいな感覚ですね。

1.もっと明確にする必要がある
2.わからない
3.今、理解した
4.待てよ、これは間違えている
5.この法則を用いれば、理解しやすくなるのでは?
6.上手く行かなかった。でも、なんで?
7.今それをやった。ああ、そこが問題なのか
8.ああ、お!これで上手くいくかもしれない

これにより、自分の脳が何に対して働いているのか明確になります。まあ、自己説明はこんな感じです。んで、分析の結果ですが、なんと、

「自己説明」の効果量が0.55でダントツ!

ってデータが得られたそうです。この0.55という数字は、相当高い数字。何らかの学習をしている方は、速攻で取り入れるのが吉! 「なんで自己説明が効果あるのよ」ということですが、研究者いわく

自己説明は、因果関係や理解を深めるための概念化敵関係についての推理を形成する。また、矛盾や不備が検知された際に、不足している情報を埋め、理解をモニターすることで、事前の知識で新しい知識誘導を修正できる

とのこと。ざっくりまとめると、

・学習した知識やスキル間の「繋がり」を認識する事が可能になる!
・理解のギャップを特定して対処することが可能になる!

って感じになりますね。自分が理解した内容を説明することで、知識間で繋がりが生まれ、理解できない部分にも気づくことができるんだ、と。確かに、この現象はメモ取りや要約をしているだけでは発生しませんよねえ。

自己説明の効果をアップさせる方法

また、研究チームは、「自己説明の実践において、その他の側面が影響を与えているのでは?」ということについても調査したそうです。その結果、自己説明の有効性には、

・自己説明を自分から行っているか
・自己説明をする内容を完全に自分で選んでいるか
・コンテンツが充実しているか

って側面と深く関連していることが明らかになったそうです。自己説明をする内容の選択肢が少なくなるほど効果は薄れるし、「何から学ぶか」も重要になるんだ、と。まあ要するに、

自分自身で学ぶ内容は選べ!学ぶ内容はちゃんと吟味しろ!

というわけです。まあ学ぶ内容に関しては、自己説明における事前質問で対処できるかと思いますね。後はとにかく、自分の意思で学習するのが吉になります。

教える側はどうすれば良いのか

と、ここで教える立場にある方には、「自己説明がダントツトップなら、インソラクターによる享受は意味ないの?」といった疑問が生じると思います。確かに、データから行くと他人が教えるよりも自己説明をした方が遥かに効果があるんですよね。

この点に関しては、

・できるだけ自己説明を促べき!
・でも教えることも重要!

ということが言えるかと。というのも、同分析では、「説明無し」よりはインストラクターによる説明の方が効果があるということが明らかになっているんですね。「当たり前だろ!」と思うかもしれませんが、僕が言いたいのは、

効率的な自己説明を生み出すための「前提知識」を享受し、その後は自己説明を促そう

ということです。残念ながら、自己説明の方が効果があるのは間違いないので、「より効果的な自己説明を生み出してあげようぜ!」っていうアプローチになります。

まとめ

というわけで、科学的に効果が証明された学習法「自己説明(Self-explanation)」についてでしたー。

効率の良くて効果の高い勉強法を探してた!
とにかく、少ない労力で学べる学習法を取り入れたい!

って方々は取り入れてみてくださいな。以上ー!