スキル tips

1杯のお酒で外国語が上手になる!という興味深い研究の話。外国語が流暢になる意外な方法を紹介

the possibility of that dreaking alcohol boost your forigh languages ablity

 

過度なアルコール摂取は、心身にネガティブなダメージをもたらします。数多くの研究で、アルコール摂取によって脳細胞が死にまくり炎症レベルもグングン高まっていくことが証明されております。

しかしながら、面白いのが「適切なお酒を適度に摂取するなら健康に良いかもよ?」って主張。事実、「ブルーゾーンに住む100歳超えの長寿」は、ワインを嗜む習慣があったりします。まあ要は、正しく飲めば健康にメリットをもたらしてくれる可能性があるわけですね。

といったところで、先日アルコールに関する面白い研究を見つけたので紹介したいと思います。

お酒で外国語が流暢になるかも!

これは、キングス・カレッジ・ロンドンとマーストリヒト大学、リバプール大学の研究チームが行った研究。

まず、研究チームのこれまでの活動では、

外国語を操る能力は、脳の実行機能に依存する。外国語を学習したり話したりする際、脳内では、母国語と外国語は同時に使われ、互いに競合している。

ってことが明らかになっていたんですね。「脳の実行機能」ってのは、複雑な課題を解決する際に用いられる認知システムのこと。課題のルールの維持やスイッチング、情報の更新などを同時に行うことで、思考や行動などを制御してくれるナイスな機能なんですね。

でもって、その他過去の研究では、「飲酒は脳へ悪影響をもたらす可能性が高いものの、程度な飲酒であれば認知機能にプラスな影響があるかもよ」ってことが示唆されていました。

そこで研究チームは、脳の実行機能とアルコールの脳機能への好影響の繋がりに目をつけて「飲酒で外国語のパフォーマンス向上するんじゃないか?」ってことを調べたんですよ。その内容は、

母国語をドイツ語とするマーストリヒトの学生50人(オランダ語を習い始めたばかり)を被験者とする。そして、以下の2つのグループに分ける。
1.少量のアルコールを摂取
2.冷水を摂取
その上で、オランダ語を喋ってもらい、オランダ人の審査員に採点してもらう。

というもの。もちろん審査員は、喋り手がアルコールを摂取していることなどは知りません。また、少量のアルコールは、体重1gにつき約6.5gのビール(アルコール5%)くらいの量です。んで、実験の結果はというと、こんな感じ。

少量のアルコールを摂取したグループほど、ネイティブな審査員から言語のスキルを高く評価された。特に、発音に関して高い評価を得る傾向があった。

とのこと。なんと、少量のアルコール摂取で外国語のスキルが向上しちゃったわけです。びっくり。

しかしながら、かくいう飲酒のプロセスを経た参加者は、自身のスキルに変化は感じなかったと言います。興味深いですねえ。酔っ払っていたからでは?なんて思ってしまいますが。

この結果に基づく研究者の知見は、

我々の研究は、適切な量のアルコール摂取は、第二言語の学習を初めたばかりの人の発音スキルに恩恵をもたらすことが示唆された。
アルコール摂取は、二ヶ国語以上を操る人に限り、第二言語のスキルを向上をサポートする効果をもたらす。

とのこと。適度な飲酒は、第二言語のスキルを向上させる効果はあるんじゃない?と。

注意点

注意点としては、アルコールの摂取が一定量を超えると効果は発揮されないというところ。研究者いわく、

重要なのは、この実験の参加者はごくわずかのアルコールを摂取しただけだということだ。高いレベルのアルコール摂取では、何らメリットは得られないだろう。

とのことです。まあそもそも過度に飲酒したら脳細胞が死ぬのは明白ですし、酔っ払いすぎたら頭が回りませんからねえ。

適度な飲酒で外国語が上手になる理由

少量の飲酒で外国語が流暢になった理由については、ハッキリわからないそうです。最終的な研究者の見解としては、

明確な因果関係が明らかになるまで、今回の結果には注意を払う必要がある。
1つの可能性としては、アルコールにより不安が軽減して外国語の能力が向上するといったメカニズムがが挙げられる。
しかし、この減少に関してはさらなる調査が必要だ。

とのことです。アルコール摂取で不安が軽減したってメカニズムは何とも現実的ですよねえ。まあ初期の「アルコール摂取の脳へのメリットが、脳の実行機能を向上させる可能性があるかもしれない」って仮説が的を得ていた可能性も考えれますよね。

まとめ

ということで、「1杯のお酒で外国語が流暢になるかも?!」な話でしたー。

ちょっとばかし実用性に乏しい内容になっておりますが、興味深い内容だったので紹介させていただきました(笑)

まあ現時点で実際に用いるとしたら、

自分が勉強している言語のネイティブスピーカーと話す機会があったら、直前に軽く1杯飲んでみる

って感じになりますかね(笑)