スキル tips

年収がエグい高い人の特徴5選。みんなで仲良く真似しよう!

maney

Fake it untile you make it」って言葉があるんですよ。これは、”成し遂げるまで、あたかも成し遂げたかのように振る舞え“という意味で、成功の方程式として知られています。「なんでこれが成功の方程式になるんだ?」ということですが、それについては脳科学的視点から説明ができます。

というのも、面白いもので僕たちの脳は、「既に目的を達成した!」と嘘でも認識することで、自分の思考と現実のギャップを気持ち悪がるんですよ。その結果として、成功に近づく行動を積極的にとるようになったり、本当に必要な情報を見逃さないようになるんですね。まあ要は、既に成功したかのように振る舞うのが成功の鍵でもあるってわけです。

といったところで、近頃ライターのGeoffrey Jamesさんが”Fake it untile you make it”という言葉に基づいて「どのようにすれば、億万長者のように振る舞うことができるのか(所持している資産の額に関わらず)」というコラムを出しておりました。

年収がエグい高い人達の特徴を5つ挙げてくれていて面白かったです。メモしておこうと思います。

億万長者の特徴5選

1.自分は他人より優れていると思いがち:

年収が高い人達は、世界は業績主義であり、自分が他人より優れているから裕福になったと考えているんだそうです。まあ、他人より稼いでるわけですんで当然のようにも思えますが、興味深いのが、「自分は、生まれつき他人より優れた遺伝子を持っている」とまで考えちゃっているところ。とにかく他人より優れていると思いがちみたいです。

また、Jamesさんは「華麗なるギャッツビー」から、こんな引用を挙げておりました。

裕福な奴らのことを教えてやろう。あいつらは、俺やお前とは違う。あいつらは、早い段階で何かを所有し享受している。それによって、あいつらは、俺らが辛いと感じる状況でも軽く受け止めるし、俺らが信頼し合う環境では、裕福に生まれない限り理解できないような皮肉を持っている。
あいつらは心の奥底で、俺らよりも優れていると考えている。たとえ世界や俺らよりも深く沈もうとも、依然自分が優れていると考えるはずだ。

単純に、この一節だけを見ると、おぞましさや差別社会の皮肉を感じますねえ。Jameさんの主張としては、成功すると決心したならこの信念を据えておけ!でも誠実さを忘れるな!とのことでした。

2.何でも成し遂げられると思いがち:

億万長者になる人々は、自分が所有する資産の額に関わらず、個人で何でも成し遂げることができるという圧倒的な自身を持っているんだそう。Jameさんいわく、

彼らが、欲しいと思ったものを全て”買う“という否定できない事実は、彼らが何でも”達成する“という考えに収束する。

とのこと。要は、目標達成の為であれば、捨て身の支出も惜しまないというわけです。事実、「Kochs」や「Soros」といった億万長者は、自分の考えにメリットがあるのか疑うことなしに行動していたんだそう。さらには、全く自分に適正がない仕事を運営しているケースもあるんだと。

ここまでだと、「成功者って考えが違えぇ」と思ってしまいがちですが、Jameさんの主張は

成功者が「自信過剰」であることも1つの事実だ。しかしながら起業家は、過大な自身なしでは、新しい場所でビジネスを始める勇気を持つことができない。

というものです。一步踏み出す上では自信過剰も必要だ、と。まあ確かにそうですよねー。リスクを避け、いつまでも快適なゾーンにいては、何も成し遂げることができません。

3.ルール破りがち:

ミシガン大学の研究によれば、生まれや育ちの環境に関わらず年収が高い人ほど倫理に反した行動をとる傾向があるそうです。ここでいう倫理に反した行動というのは、

・運転中の法律違反
・非倫理的な意思決定を提示する
・他社の商品の価値を奪う(盗む)
・賞を獲得する確率の上昇を偽る
・仕事場で非倫理的な行動を推奨する

これらのもの。なぜ、年収が高い人が非倫理的な行動をとる傾向が高いのかということですが、その理由は自分を守る最強の弁護士を雇うお金があるから。単純に後始末をする資金を充分に確保しているからだと言います。

この行動の結果が、相次ぐ不祥事につながっているんでしょうなぁ。まあ、圧倒的な成功志向がそうさせるのかと思います。Jameさんの主張としては、

“突飛な発想”を生み出すには、ルールを破ることも必要だ。成功者は、ルールを破ることが成功の秘訣であるという隠された信念を持っている。

とのこと。型破りな意思決定にはルールを破ることも必要不可欠だ、と。

4.周りの反応無視しがち:

大金持ちは、無情で周りを気にしない傾向があるそう。

例えば、多くの大金持ちは、大規模な慈善寄付などを行っていますが、その目的が高い知名度を獲得することや脱税であることは周知の事実になっております。しかしながら、大金持ちは周りの意見を気にせずに、真の目的の為に寄付を続けています。要は、目的の為なら何でもするってことです。

んで、Jameさんの主張としては、

もし、あなたが寄付をしたなら、それに見合った功績と知名度を獲得するだろう。このアイデアが荒々しいものであることは認識している。しかし、これこそが”Fake it untile you make it”の要求していることではないか

とのこと。成功者のように振る舞うのであれば、もはや寄付をしてしまえ!と。

5.全力で趣味を楽しみがち:

年収がエグい高い人々は、副業などではなく、単純に心から楽しめる趣味を持っているんだそう。有名な例としては、

ビル・ゲイツ:本と文献収集
イーロン・マスク:ジェームズ・ボンドの記念品集め
ウォーレン・バフェット:ウクレレ収集
マーク・ザッカーバーグ:狩猟
ジェフ・ベゾス:ロケットの部品集め

こんな感じ。どの趣味もお金になるようなものではありませんよねー。

また、イーロン・マスクは正気とは思えないほど働いているのにも関わらず、趣味の時間を確保していると言うから驚きです。まあ科学的に見ても、趣味を持つことで生産性の向上にも繋がりますし、なによりリラックスできますからねえ。

Jameさんいわく、

過剰に働くことや、次のキャリアに備えて副業を始めることを止めはしない。ただ、ビジネスとは繋がらないような、心から楽しめる活動の時間は必ず確保すべきだ。

とのこと。成功者のように振る舞うためには、本当に楽しめる趣味を持て!、と。こりゃあ簡単で良いですね。

まとめ

ということで、「年収がエグい高い人の特徴5選」でしたー。今回紹介した5つの特徴を参考に、あたかも何かを成し遂げたかのように振る舞ってみましょう!

個人的には、自己効力感と趣味を大事にしていこうかと思います。以上。