スキル tips 健康 学習

あなたは『朝型?昼型?夜型?』~クロノタイプの判断方法を紹介~

choronotype

人それぞれ、異なる「クロノタイプ(体内時計)」というものを持っています。これは、生物時間学に基づく理論でして、すべての人はクロノタイプによって以下の3つに分けられます。

○朝型
起床してからエンジンが入るのが早く、朝に最も集中力が高くなる。逆に夜は頭が働かないため、集中力はだだ下がり。
○昼型
正確には、朝型にも夜型にも属さないクロノタイプ。大半の人は、ここに当てはまる。集中力は、午前中から昼の間に高くなる。
○夜型
朝の生産性はかなり低い。夜に近づくと次第に集中力が高まっていく。

まあ要は、人それぞれ集中力が高まる時間が異なるので、1日の効率を最適化する為には自分のクロノタイプ適したタイムスケジュールを組むのが吉になります。

「じゃあ、自分のクロノタイプは判断することができるの?」ということですが、嬉しいことにその方法は存在するんですね。

ってことで今回は、Daniel H.Pinkのベストセラー「When」で紹介されている「クロノタイプの判断方法」を紹介したいと思います。自分のクロノタイプを把握して、1日の効率を最適化しましょう!

クロノタイプの判断方法

時間生物学者のMartha MerrowとTill Roennebergが「MCTQ(the Munich Chronotype Questionnaire)」というクロノタイプの判別方法を開発しました。MCTQは、いくつかのアンケートに答えることでクロノタイプを数値で明らかにしてくれる優れもの。とりあえずは、MCTQさえ受けておけば問題ないかと思います。

MCTQについては、Daniel H. Pinkさんのサイトで無料で公開されているので、是非実施してみてください。(こちらをどーぞ

MCTQは開発者のサイトに移されてしまったそうで、代わりに「Horne-Ostberg Morning-Eveningness Questionnaire」を実施できます。

また、時間生物学者Roennebergは、より簡単にクロノタイプを測定する方法も提示しております。時間が惜しい方や英語が苦手な方は、こちらの方が良いかもしれません。そちらも紹介しておきますね。

3つの質問でクロノタイプを判別

あなたのクロノタイプは、3つの質問で判別することができます。早速見ていきましょう。

○ステップ0:

3つの質問で必要になるのは、あなたの「フリーデー(特定の時間に起きる必要がない日)」の行動になります。予定がない日における自分の行動を振り返ってみて下さい。では、3つの質問です。

1.普段何時に寝ますか?:

予定が何も入っていない場合、何時に就寝していますか?

2.普段何時に起きますか?:

予定が何も入っていない場合、何時に起床しますか?

3.2つの時間の「中間時間」は何時ですか?:

質問1,2で得られた時間の「中間時間」を明らかにして下さい。この数字があなたの「ミッドポイント」となります。例えば、就寝時間が午後11時30分で、起床時間が午前7時30分だったら、ミッドポイントは午後3時30分になります。

自分のミッドポイントが明らかになったなら、後は以下のデータと照らし合わせるだけです。

○「朝型」

→ミッドポイントが午後3時以下

○「昼型」

→ミッドポイントが午後3時30分~5時30分

○「夜型」

→ミッドポイントが午後6時以上

いかかでしょうかー。ちなみに、一連の研究では、大陸別に調査しても60~80%が昼型に当てはまることが明らかになっているそうです。

10秒コース

さらに、Dnaiek H.Pinkは、より簡単なクロノタイプの判別方法も紹介しておりました。それがこちら。

1.休日や予定がない日に起床する時間を確認

○その時間が平日と同じ→「朝型」

○その時間が少し平日より遅い→「昼型」

○その時間が平日よりかなり遅い→「夜型」

年齢,性別,生まれた季節,性格との関係とか

クロノタイプには、様々な要因が関係しているそうです。クロノタイプは意図的に変えられるものではありませんが、興味深かったので紹介しておきます。

○年齢との関係:

一般的に年齢が若いほど朝型の傾向があるんだとか。しかし、その後は夜型にシフトするみたい。大体、20歳で夜型のピークを迎え、その後はゆっくりと朝型にシフトしていくそう。

○性別との関係:

一般的に男性の方が夜型に近く、女性の方が朝型に近い傾向があるんだとか。しかし、この性別間の差は50歳になると消えるみたい。

○生まれた季節との関係:

秋と冬に生まれた人は朝型になり、春と夏に生まれた人は夜型になる傾向があるんだとか。

○性格との関係:

性格診断で有名な「ビッグファイブ(誠実性、協調性、内向性、外向性、神経安定性)」を用いてクロノタイプを分析すると、朝型は誠実性や協調性、内向性、神経安定性が高く、夜型は外向性が高い傾向があるんだそうな。

まとめ

ということで「クロノタイプを判別する方法」についてでしたー。

クロノタイプと合致した行動を取ることで1日の質は格段に高まります。逆に言えば、クロノタイプに反した行動を取っていると、全ての効率が下がってしまうということです。生産性を最大化させる為だったり、学習の効率を最適化する為には、クロノタイプに適したタイムスケジュールを組むのが吉になります。

組織に属していたりすると、自分のクロノタイプに適したタイムスケジュールを組めない可能性が高いかもしれません。しかし、Daniel H.Pinkはその状況に警鐘を鳴らしており、「上司と個別に相談してでも、自分のクロノタイプに適したタイムスケジュールにすべきだ」と延べておりました。僕たちが思っている以上に、行動のタイミングが重要になるみたいです。