ストレス セルフコントロール 睡眠 食事 tips 健康 人間関係

[禁酒のススメ]1ヶ月間お酒をやめるメリットが凄すぎた!

dry january

 

ドライ・ジャニュアリー」というものをご存知でしょうか。これは、イギリスの慈善組織「ACUK(Alcohol Change United Kingdom)」が行っている活動でして、具体的には

年始めの1ヶ月だけお酒を飲まない

というものです。ドライ・ジャニュアリーは、慈善組織が行ったいる活動にも関わらず、今や世界中の人々が参加していると言います。

なぜ、こんなにも多くの人々が、1ヶ月間のお酒断ちに参加するようになったのでしょうか。これだけ波紋を呼ぶ活動ですので、何らかのメリットが存在するに違いありませんよね?

といったところで、このドライ・ジャニュアリーに基づいて「1ヶ月間のアルコール断ちによるメリット」をガッツリ調べた研究があるので紹介したいと思います。どうやら、お酒断ちは身体への好影響はもちろんのこと、ダイエットや貯金額にまで好影響を及ぼし、その効果は約1年間持続するみたいです。

1ヶ月の「アルコール断ち」がもたらす驚くべきメリット

今回紹介するのは、Rechord de Visser博士率いる研究チームが行った調査。研究チームは、2018年の「ドライ・ジャニュアリー」に1月から参加し、オンラインサービスを利用した2,821人を対象としました。そして、参加者を2つに分け、以下の2つのタイミングで様々な調査(健康状態,気分,貯金額etc)を行いました。

・2月に1,715人を対象に調査
・8月に残りの816人を対象に調査

要は、ドライ・ジャニュアリーの1ヶ月間による効果のみならず、半年以上先まで効果を追跡したわけです。

んで、どんな結果だったかと言いますと、まず第一に飲酒量がメッキリ減ったそうです。具体的には、

1週間単位の飲酒日数が28%減少!
1日単位の飲酒量が20%減少!
月単位の酔っ払う時間が38%減少!

って感じになったそう。どうやら、1ヶ月お酒を絶つことで、飲酒量は半年以上メッキリ少なくなるみたいです。基本的に、ドライ・ジャニュアリーの参加者はヘビーな酒飲みの方が多いので、この結果は中々凄いものかと思います。博士いわく、

1ヶ月間お酒を断ち切る試みは、長期的に見ても飲酒量を減らす効果があった。8月の調査時には、追加でもう1ヶ月お酒断ちをしたいと報告する参加者もいた。
また、断酒は即座に素晴らしい恩恵をもたらした。10人に9人は貯金額が増え、10人に7人は睡眠の質が高まり、5人に3人は体重が減った。

とのこと。なんと、貯金や睡眠の質、ダイエットなど、断酒以外の面でも好影響があるみたいです。

では、その他にどんなメリットがあるのでしょうか。

長期的なアルコール断ちのメリット

加えて同研究では、1ヶ月の断酒が以下の効果をもたらすことが明らかになりました。

「達成感」を感じた!(93%)
より貯金するようになった!(88%)
お酒との関係について深く考えるようになった!(82%)
より飲酒行動をコントロールできるようになった!(80%)
自分がいつ、なぜ飲酒したくなるのか理解することができた!(76%)
「楽しむ」ためにお酒は必要ではないと考えるようになった!(71%)
睡眠の質が高まった!(71%)
よりエネルギッシュになった!(67%)
体重が減った!(58%)
集中力が高まった!(57%)
肌が綺麗になった!(54%)

幸福度や健康、はたまたダイエットや美容にまで効果があるみたいです。良い事づくしですねー。博士いわく、

ドライ・ジャニュアリーは生活を一変させる。ドライ・ジャニュアリーの参加者は、健康的になり幸福度までもが高まる。
ドライ・ジャニュアリーの素晴らし恩恵は、何も1月だけで発生するわけではない。断酒を31日間続けることで、楽しむため、リラックスするため、会話を活発にするために、お酒が必要ではないことに気がつくだろう。これは、私達が本当に望んでいる飲酒量を超えないような、よりよい飲酒の意思決定を増やすことを意味する。
多くの人々は、飲酒が7つの疾患(ガン、肝臓病、メンタルの疾患etc)に結びつくことを知っているが、飲酒量を減らすことで即座に得られるメリットについては盲目的だ。よりより睡眠、肌質、貯金、ダイエット…このリストはどこまでも続く。1ヶ月の断酒は、より健康的に飲酒する意思決定を手助けし、数えきれない長期的なメリットをもたらすだろう

とのこと。

まとめ

というわけで「1ヶ月の断酒がもたらすメリットが凄いよ!」という話でしたー。

QOLや幸福度を高めたい方、はたまたお酒との付き合い方を考え直したい方は、1ヶ月間アルコールを抜いてみてはいかがでしょうか。是非参考までにー。