食事 健康

コーヒーで寿命が延びる!コーヒーの延命効果について紹介

a cap of coffee

朝の定番と言えば「コーヒー」。美味しいコーヒーを淹れて飲むのが毎朝のルーティーンという方も多いのではないでしょうか。

実は、あまり知られていませんがコーヒーは健康に良い!というのが科学の見解です。これまでにコーヒーに関しては数多くの研究がなされてきましたが、既に

・コーヒーで心血管疾患のリスクが下がる!
・血糖値の調節を助ける働きがある!
・脂肪を燃焼する効果がある!
・食欲を抑える効果がある!
・ガンのリスクを下げる!

これらのデータが得られています。コーヒーの摂取で、かなーり多くの健康メリットを享受できるわけです。ですので、当然ながら寿命を延ばす効果も期待できちゃうんですね。

ということで、今回は『コーヒーで寿命が延びる!コーヒーの延命効果とは?』ということについて紹介したいと思います。

[参考文献]123

『コーヒー』で寿命が延びる!

○コーヒーの摂取で死亡リスクが減るのは間違いなさそう

 

2018年に、エキスパート達が「Royal Society of Medicine」に集まり「コーヒーの健康メリットに関する証拠」について会議を開きました。その結果、エキスパート達が出した結論は以下の通りです。

コーヒーの摂取には死亡リスクを下げる効果がある!
1日につき3~6杯で全ての要因による死亡リスクは下がる!
摂取量が2杯増えるごとに死亡リスクは22%下がる!

日常的なコーヒーの摂取で目に見えて死亡リスクは下がるみたいです。

○コーヒーを飲まない人と比較すると?

 

コーヒーを日常的に飲む人とそうでない人との比較は、2018年にメタ分析が行われています。

メタ分析」ってのは、過去に行われた研究から質の高いものを複数選び出し、さらに分析する手法の研究です。膨大な量かつ質が高いデータを分析するので非常に信頼できるデータが得られます。

で、研究チームは「コーヒーのメリットってどうなのよ」ということに着目し分析したのですが、その結果何がわかったのかと言うと、

コーヒーを日常的に飲む人は、そうでない人と比較して全ての要因による死亡リスクが17%低い!

だったそうです。コーヒーを飲むか否かで死亡リスクに17%もの差が出るのは驚きですよねー。

○人種間で違いはある?

2017年に「白人以外だけ目を向けたらコーヒーのメリットはどうなるの?」ということについて調査した研究があります。研究チームは、185,855人分におよぶデータを分析したんですが、その結果

1日につき1杯のコーヒーを飲む人は、そうでない人と比較して死亡リスクが12%低い!

というデータが得られたそうです。つまり、日本人もコーヒーによる延命効果を享受できるというわけです。

なぜ、コーヒーには健康メリットが存在するのか

コーヒーの摂取で健康メリットが得られる理由は主に2つあります。

まず1つ目は、「カフェイン」。カフェインは危険物質として嫌われがちな面がありますが、実は健康メリットがあったりもします。代表的なのは、血管が開き血流が良くなる効果です。コーヒーを頻繁に摂取する人は、血流が良くなるため様々な疾患のリスクが下がるわけです。

カフェインに脂肪燃焼効果があったり、トレーニングの効果を高める効果があったりする理由としては、主に血流が良くなるということが挙げられましょう。

が、注意点として、カフェインが健康に良いからと言ってエナジードリンクから摂取するといった愚行は控えて下さい。

そして2つ目は、「ポリフェノール」。実は、コーヒーには「クロロゲン酸」などのポリフェノールが豊富に含まれています。皆さんご存知の通り、ポリフェノールは強い抗酸化作用を持つ成分で、日常的に摂取すれば

・炎症レベル低下!
・アンチエイジング効果!

フリーラジカルからの保護効果!
・視力維持効果!

などの効果を細胞レベルで享受する事ができます。

コーヒー摂取における注意点

ここまでで、コーヒーの延命メリットとその理由について見てきました。紹介したデータの中には、飲めば飲むほど死亡リスクが下がるかも!というデータもありましたが、もちろん注意点があります。

なぜ、一見メリットだらけに見えるコーヒーに注意点が存在するのかというと

”生まれつきの”カフェインに合う体質と合わない体質がある

からです。悲しいですが、カフェイン耐性が低い人が自分の許容量以上のカフェインを摂取すると、

なんだか頭が冴えないの根本原因「慢性疲労」に陥る
不安障害やイライラ状態に陥る
・心拍数が激しく上昇する

などの危険性があります。ガイドライン従って自分にあった摂取量をキープするのが吉です。

また、コーヒーを6杯以上飲むこともオススメできません。というのも、コーヒーの摂取が6杯を超えると心臓に悪影響がでることが示唆されているからです。

まとめ

そんなわけで、「コーヒーで寿命が延びる!けど、体質の問題があるから注意して!」という話でしたー。

自分自身のキャパが許す範囲で積極的に摂取していきましょう。今現在コーヒーを飲む習慣がない方は「コーヒーナップ」を取り入れてみるのが吉かもしれません。以上ー