食事 健康

『大豆プロテイン』健康効果ってどうなのよ!って研究が発表されましたー

soy protein

高タンパク、低コレステロール、低レベルの飽和脂肪酸……が強みな『大豆プロテイン

健康意識が高い方であれば、「大豆プロテインは健康に良い!とりわけ心臓に良い!」なる情報を目にしたことがあるかと思います。それもそのはずで、「FDA(アメリカ食品医薬局)」は『大豆プロテイン』をコレステロール値を下げる為の食品リストに加えているんですよね。

が、実はFDAはコレステロール値を下げる為の食品リストから「大豆プロテイン」を排除しようか検討しているんですよ。ていうのも、コレステロール値を下げる効果に否定的な研究結果が発表されているからです。

仮に、FDAが大豆プロテインをリストから排除すれば、心臓にいい効果をうたうプロテインメーカーは痛手を食らうことが予想されますね。

といったところで、近頃『大豆プロテインのLDL(悪玉)コレステロールに対する効果』をガッツリ調べたデータが発表されたので紹介したいと思います。

大豆プロテインの健康効果はいかに

これは、カナダのトロントにあるMichel’s Hospitalの研究チームが行ったメタ分析です。「メタ分析」ってのは、過去に行われた膨大な研究の中から質の高い研究を選定し、更に分析する研究手法を指します。とにかく信頼できるデータが得られる研究ってな解釈でOKです。

まず、メタ分析の内容についてですが、研究チームはFDAがリスト制作に用いていた46の研究を対象とし、「大豆プロテインにLDL(悪玉)コレステロールを減らす効果があるのか?」ということについて分析しました。皆さんご存知の通り、LDL(悪玉)コレステロール値が高ければ心臓病のリスクなどが上昇しますんで、今回の研究は「大豆プロテインが心臓にもたらす効果」について分析したとも解釈することができます。

で、研究チームが分析したところ、46本の研究の中で充分なデータを提供しているのは43本、なおかつLDLコレステロールに焦点を当てているのは41本だったそうです。

そして、分析の結果ですが、早速研究者の結論から引用すると、

大豆プロテインは、成人のLDL(悪玉)コレステロール値を平均で3~4%低下させる効果があった。我々のデータは、国際的に提供されている植物由来プロテインの摂取に関するアドバイスを推奨する結果となった。

一見、3~4%ってのは小さな数字に見えますが、研究者は侮れないと主張します。っていうのも、加工食品はもちろんのこと、怪しまれる赤身肉加工肉などと置き換えれば優位にに悪玉コレステロール値は改善するからです。もちろん、大豆プロテイン+健康的な食事を組み合わせればより効果が期待できますねー

今現在、食生活が悪性のタンパク源で構成されている人は、植物由来のプロテインに置き換えるのが吉。

健康の為に無理から『大豆プロテイン』を飲む必要はあるの?

「健康的になりたければ、無理矢理にでも大豆プロテインを飲む必要があるか?」ということですが、

その必要はないかなー

と思います。というのも、本気で自分の体を大切にしたいのであれば、加工食品を排除し野菜とフルーツの摂取量を増やすのがベストだからです。もちろん、先に述べましたように、不健康な食事と置き換えるのであれば充分に効果を得られるかと思います。ですが、個人的にはわざわざ摂取するってなると少し違う気がしますねー。

まとめ

そんなわけで、『大豆プロテインで悪玉コレステロール値が下がるぞ!心臓の健康には良さそうかもだぞ!』という話でしたー。

今回の実験の問題点を挙げるとすれば、分析するデータをFDAが参考にしていた研究だけに絞っていたことです。仮に、より大量のデータを分析した研究が発表されれば「進んで飲んだほうが良いよ!」って結論にもなるかもしれませんね。以上ー