ストレス 健康

『ヨガ』にメリットは存在するの?

hgrueo

今回は、『ヨガ』についてです。

皆さんは、ヨガに対してどのような考えを持っていますか?

美と健康に繋がる!」や「正直何も効果ないでしょ」など様々な意見があると思います。正直に言うと、個人的には後者の意見に近く、これまではヨガに対して懐疑的な意見を持っていました。

が、いくつかの研究によれば、「ヨガは身体的にも精神的にもメリットがあるぞ!」ということが明らかになっているそうです。つまり、僕の考えは一新させられたわけです(笑)

では、ヨガにはどのような効果があるのか見ていきましょう。まずは、近頃発表された研究から。

参考:Yoga keeps the mind and body young, 22 clinical trials show

ヨガは若さの秘訣?!メンタル改善効果も

これは、エディンバラ大学の研究チームが行った研究。研究チームは、過去に行われた「健康的な参加者を対象とした『ヨガ』のメリットの評価」に関連する研究22本を対象とし、改めて「ヨガもメリットってどうなのよ」ということについて調査しました。

ちなみに、対象となった22本の研究では、1~7ヶ月の期間(1回のセッション30~90分)のヨガプログラムが導入されています。

んで、研究チームは参加者を以下の2つのグループに分類し、両グループ間を比較したんですね。

・「ヨガ」に取り組む
・「軽い運動(ウォーキング、エアロバイク)」に取り組む

その結果、何が明らかになったのかというと、ヨガに取り組んだ60歳以上の参加者は、軽い運動に取り組んだ参加者と比較して

・身体的バランスが優れていた!
・柔軟性に優れていた!
・四肢の強さを維持できていた!

・うつ症状が少なかった!
・睡眠の質が高かった!
・活力が高かった!

だったそうです。また、ヨガに取り組んだ参加者は、自分の「身体的健康」や「メンタルの健康」に対する満足度が高かったと言います。

もちろん、ウォーキングやエアロバイクといった運動も健康にはメリットをもたらしますが、年配の人ほどヨガを取り入れた方が効率が良いそうです。研究者いわく、

多くの高齢者は、政府や国際的な健康団体に定められた筋力やバランスの水準を満たしていない。

今回の研究に基づけば、我々はヨガには身体や精神の結果を向上させる重大なポテンシャルがあると結論付けることができる。ヨガは、年齢に関連する身体状況や病に合わせることができる紳士的な活動である。

とのこと。運動は健康に直結しますが、年齢を重ねていくにつれて実践するのが難しくなる傾向があります。だからこそ、ハードな動きを必要としない「ヨガ」は、健康(特に年配の方)において重要な役割を果たすというわけですね。

と、ここで、「なぜ、ヨガでうつ症状が減ったり、睡眠の質が向上してるんや?」と疑問に思っている方もいるのではないでしょうか。

ヨガには『脳』に対する好影響も

ヨガ」は、脳にも好影響をもたらしてくれます。例えば、2016年に行われた研究では、ヨガの練習で

・認知機能の損傷のリスクが減った!

というデータが得られていますし、2017年に行われた別の研究では、ヨガのプログラムに参加したところ

・不安やうつ症状が減った!

というデータが得られてます。

なぜ、ヨガでこのようなメリットが得られるのかということですが、主な理由は

マインドフルネスになれる

というのが挙げれます。マインドフルネスってのは、過去や不安ごとに縛られた「上の空の状態」を改善し、今のありのままの現実を感じ取ることを指します

呼吸瞑想」や「ボディスキャン瞑想」であらゆるメリットが得られるのも、マインドフルネスになれるのが理由の1つです。日常の中でマインドフルネスのレベルが高い人ほど、幸福度も高いというデータもあったりします。

まあざっくり言い換えれば、

「ヨガ」には脳が抱え込んでいる”不要な重荷”を消し去る効果もある

と言えますね。

まとめ

そんなわけで『ヨガのメリットについて」でしたー。

アメリカが行った調査によれば、2015年時点でヨガに取り組んでいる人口は3670万人いるそうで、なおかつ2020年には5500万人に達すると予想されています。

ヨガは健康メソッドだ!」と当たり前のように言われる時代が来るかもしれませんね。以上ー