ストレス tips 健康 人間関係

いつもメンタルが健康的な人は何が違うの?の科学

greuno

 

常にメンタルが健康的な人っていますよね。メンタルが健康的な人は、普通の人であればストレスやフラストレーションを感じるような場面に直面しても、安定した感情・態度を維持していられます。僕みたいな周りの出来事に流されやすい人間にとっては、なんとも羨ましい話です(笑)

では、メンタルが健康的な人と、そうでない人の違いはどこにあるのでしょうか。

ということで今回は、『メンタルが健康的な人は何が違うの?の科学』です。

参考:The 7 Beliefs of Emotionally Healthy People

メンタルが健康的な人が持つ「信念」

心理学者のEllen Hendrikson博士が、メンタルが健康的な人の思考パターンを研究し、「メンタルの健康に欠かせない7つの信念」を明らかにしてくれました。

もちろん、7つ全てを適用する必要はありませんが、いくつかの信念を取り入れることで確実にメンタルの状態は良い方向に向かっていくと言います。

では早速。健康的なメンタルを維持する人が持つ「7つの信念」です。

1.『私は道からはずれない』:

メンタルが健康的な人は、自分が設定した目標を「達成できる自身」を持っている傾向があります。彼らは、1ヶ月、ひいては1年間努力が実を結ばない状況でも、最初に設定した目標から目をそらしません。

まあ要するに、簡単に諦めないというわけです。

確かに、挫折の回数が多いほどメンタルが病んでいくのは感覚的に理解できますよねー。ちなみにですが、メンタルが健康的な人は、映画鑑賞などの自分の好きな活動に取り組むことで気分転換をするのが上手なんだそうです。

2.『”やりたくない”と思えることでも、私になら”できる”』:

メンタルが健康的な人は、たとえ”やりたくない”と感じても、行動に移すことができます。彼らは、「めんどくさそう」「退屈そう」「疲れそう」などのネガティブな感情に襲われても、それらの感情を無視して行動につなげるのが上手だと言います。

まあ確かに、ネガティブな感情に襲われ、なおかつ何も達成することができなければ、メンタルに大ダメージがありますよね。

おそらく、「ネガティブな感情に襲われているのに、行動に移すのって難しくない?」と感じている方がいると思います。そんな方々にオススメなのが、とりあえず5分だけ行動してみるという手法です。

というもの、人間ってのは面白い生き物でして、たとえ忌まわしいと思えるような作業でも5分だけ行えば気分が向上してくるんですよ。また、5分行うことで「ここまでやってんだから、やめるのは”もったいない”」という心理も生まれます。何らかの作業を始める前にネガティブな感情に襲われたら、5分だけ取り組むのが吉。

ちなみに、感情を切り離して行動することは、心理学の世界では「感情独立行動」と呼ばれます。感情独立行動は、5分間エンジンをかける手法で上達させることができますが、瞑想のトレーニングで鍛えることもできます。

3.『私は、耐え忍ぶことができる』:

あなたは、何らかの障害・挫折に直面したとき、チャレンジを諦めますか?それとも、新たな解決策を見つけ出そうと試みますか?

健康的なメンタルの持ち主は、後者を選択します。

1つ目の紹介した信念では、同じ目標を目指し続ける”安定性”を表していましたが、この信念では”柔軟性”が表されています。

健康的なメンタルの持ち主は、直面した困難や障害に対して様々なアプローチで対処し、目標を達成へと進み続けることができるんですね。反対に、メンタルが病みがちな人は、困難や障害に対する柔軟性に欠けている傾向があります。

4.『全ての人は、同じように尊敬される資格がある』:

周りのを見下してばかりいる人には、メンタルの安泰は訪れません。収入、職、人種、階級、性別、理由は何であれ、周りを見下す人には本当の意味での幸福は訪れません(もっとも、その資格もない)。

健康的なメンタルの持ち主は、全ての人を尊敬しています。メンタルの健康には尊敬の念が必要不可欠なんです。尊敬の念があれば、健康に絶大なメリットをもたらす感謝の念も生まれますしねー。

5.『自分を笑うことができる』:

失敗した、挫折しかけた、大きな壁に直面した、そんな出来事を自らのユーモアで包み込むことができるのが健康的なメンタルの持ち主です。

ほんの少しだけでも未来に希望を持てば、より障害や失敗を笑えるようになります。

6.『私には、能力がある』:

自分が設定した目標を達成できると信じることは、不安症状を防ぐ効果的な方法の一つです。

セラピストが行う不安治療なんかは、患者に「障害を乗り越えて目標を達成することができる」という自信を付けさせることを目的にしていることが多いんだそうです。

7.私は愛することができるし、人を愛する力がある:

ハーバード大学の研究者が80年という膨大な時間を使って行った「Study of Adult Development」という研究があります。同研究では80年という長い年月が費やされたため、担当の研究者が何回か交代したそうです。

ですが、最終的にGeorge Vaillant博士が確固たる結論を導きました。たったワンセンテンスです。

幸福とは愛である。

80年間もの長期にわたる研究で明らかになった幸福の秘訣は、「愛」だそうです。ここでいう愛とは、恋愛よりも愛情の意味合いが強いです。つまり、メンタルの健康を維持し、幸福な人生を送るためには、

他者に対して、思いやりや共感など「愛情」を持って接する!

ということが鍵になってきます。他者に対して尊敬の念を持つ重要性については上述した通りですが、やはりメンタルの安定には他者に対しての心構えがかなーり重要になってきそうですね。

まとめ

 

ということで、「いつもメンタルが安定している人は何が違うの?」の科学でしたー。

今回紹介した7つの考え方を全て取り入れるのは難しいです。ですので、どれか1つに的を絞って生活してみたり、自分の行動を改めて見返してみることをおすすめします。

心が安定していれば、人生の質が高まること間違いなし。以上ー。